フォーミュラワン パドッククラブ2013レポ

0

    今年もあの瞬間が キタ━( ゚∀゚ )っ ━( ゚∀゚ )っ━( ゚∀゚ )っ ━!!!!
    去年初めて体験した超凄い凄いプラチナチケットが今年も我が家にやってきた〜〜〜
    神様どうかあのチャンスが巡ってきますよう〜に、ってお祈りしていた甲斐がありました。
    もうそれはそれは超うれし〜〜我が家の一大イベントであります。
    去年のF1の後、何度となく「あ〜、あの日の朝に戻らんかなぁ〜」って話になって、「ほんとに夢のような時間やったよねぇ〜」今年も「あ〜、今年も来ないかなぁ〜」って何度も思ってました。
    今年ももしかしてって期待しつつ、期待しすぎてもあかんから期待せずでも行きた〜い1年、こんな思いをしながら待ってましたが1年ぶりの大興奮の日がやって参りました。

    こちら↓が2013年F1のパドッククラブパスです。

    F1の特等席といえるパドッククラブのパス。一般で購入すると3日間通し券でうんじゅうまんえん、もするチケットです。
    去年も直前に決勝に行ける事になったんですが、内容は全く想像出来ずに行き、それは夢のような時間となったんです。
    その様子は良ければ去年のこちらもご覧ください。

    それが今年もラッキーな事にパドッククラブに行けると聞いて1週間はウキウキの毎日でした。
    今年もしっかりこの記録を残しとかなきゃ〜。
    超、興奮するレース観戦を今年も堪能してきたので長文+大量の写真でお届けします

    2013年10月13日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットではF1グランプリが開催されました。今年で鈴鹿サーキットでF1が開催されるのも25回目だといいます。
    早いもんだなぁー。
    思えば最初に私がF1を観戦したのは1990年。まだ鈴鹿でF1が開催されて4年目でしたが、その頃の日本のファン層は半端なかったんです。とにかく盛り上がっていて凄い人出なのに今ほど場内は整備されていなくて、自由席なんて席自体がありませんでしたから自由にいろんな場所に行って見える場所を探すそんな時代でした。←若かった私はフェンスによじ登って見てました
    セナやプロスト、ベルガー、マンセル、ピケ数え上げたらきりがない程超有名人がレースを盛り上げてて日本はとにかく盛り上がっていましたね。
    そんな頃に初めて目にしたF1マシンの音と迫力に魅了されたことを昨日の事とのように思いだします。
    くしくもその年は日本人の鈴木亜久里が3位に入賞したので余計に記憶に残りました。。それから21年もたつんだなぁー。


    朝、去年同様外人のドライバーの送迎車でパドッククラブのエントラスまで送ってくれたのですが、外人のドライバーの送迎車=ドライバー。或いは芸能人などの有名人 かも
    と入口の所には多くのファンがカメラを構えてこっちを見てるんです。それが物凄く恥ずかしいです。ごめん一般人で・・・。と思うんですが後部座席はスモークが貼られているので向こうからは見えにくいので期待されるんだと思います。

    この門への入場が車で混雑しているため妙に待たされるのでドキドキします。去年は穴があったら入りたいって感じで、とてもその群集を写真に撮る事は出来なかったのですが、今年は撮ってみた。ボケてる、、。←これが私の鼓動の表れかスモークで見えないとは思うけど緊張するわぁ

    こちらがパドッククラブへの入口。今年もチーム広報担当のリンダがお出迎えしてくれました


    既に多くの人でエントランスはいっぱいです


    ここで腕にパドッククラブのリストバンドを付けてもらい、パスにパンチで穴を開けられます

    これがパスをかざしてピッとすると入場出来るゲート


    10時に開門になりました


    2階に上がると振袖の女性がにこやかに公式パンフレットを配ってくれます


    こちらがパドッククラブセンターハウス。待合室のような場所
    ここに入るともう別世界です


    ホスピタリーラウンジが10時半に開くまでここで待機となります


    アルコールやジュースなどドリンクを配ってます。ここのスタッフも全てF1レースと共に世界を回っているスタッフ


    ここから既に雰囲気は異次元空間のようです



    待合室でも既に軽食やデザートが用意されてます



    大きなスクリーンも


    お菓子のタワーって凄く夢がある


    あっという間に大勢の人でにぎわいます


    ネイルサロンもあります


    今年は何か写真撮ってるなぁーと思ったら「貴方もこれで一流ドライバーの仲間」的なイベント


    各チームの用意があり、希望者一人ずつ写真を撮って好きなチームで合成してくれる

    で、出来あがったのがこちら↓↓


    旦那はまだいいが、私のは、、、。バランスが微妙で凄く気持ち悪〜い


    こちらのUSBメモリーに入れてプレゼントしてくれました





    パドック。ここから見てたら運が良ければレーサーが通る可能性もあると思います


    廊下にはF1オフィシャルシャンパーニュ マム コルドン ルージュ ブリュット のブースがあり、シャンパンを頼むとこれがつがれます
    去年は私一人で1本は開けてた、、、。今年は飲みすぎないようにしよう


    ビル2階にあるホスピタリーエリアへ通じる廊下。ここを渡るとラウンジと呼ばれる部屋があります。



    インフィニティーレッドブルで1室




    MScapeラウンジが2室

    フェラーリ1室
    LOTUS、PIRELLIで1室

    Global Partnerとして2室で合計7部屋




    私達のラウンジはいろんな企業がテーブルをシェアしてますのでいろんな方がいらっしゃいました






    ラウンジの前にあるテラス席からレース観戦が出来ます
    座席指定というものはありませんのでこの場所のどこの席で見てもいい寸法です
    3階にも行けるようですが行ってないのでどんな感じかわかりません見てくりゃ良かったな


    ビットウォークをしている人たちがいますが今年は極端に人数が少ない・・・
    日本人ドライバーが居ないとこんなにも違うのか。去年のにぎわいが嘘のような人の少なさ。
    再来年またホンダが参戦するのでその時が楽しみだな←だが私が見に来れる確証もないが



    私達も1階に降りてみました。2度の時間が設けられてます
    こちらがざっくりしたタイムスケジュール


    ここからはちびりそうな瞬間ばかりです

    間近でマシンやスタッフが作業しているのが見られるんですから


    そりゃ興奮しますって












    まるで日本じゃないみたい


    これマーシャルカーなんだけど、恐ろしく早いです。なのでこの車を写真に収める方が多かった




    メルセデスのリザーブドライバーのサム・バードがファンに気軽にサインをしてます


    今や押しも押されぬトップレーサーベッテルのマシンも最終整備中


    クルーもかっこいいーーーー


    マークウェーバーは今期でF1を降りちゃう。ポールポジションからスタートするぞ〜




    こんな近くで写真も撮らせてもらいました


    ラウンジに戻ったらレッドブルのリザーブドライバーのセバスチャン・ブエミが居てサインと写真を撮らせていただいた。彼は去年はトロロッソのドライバーとして走ってた


    F1ドライバーは小さい人が多いのがわかる。旦那が178センチなので小さいね


    ラウンジで休憩する時間もなく、次はピットガレージ内に見学に出かけます


    ここにはまたまたゲートがあり、パドッククラブパスでは入れない別のパスが必要です。


    ここに居たらいろんなドライバーとも遭遇する可能性があるんですが、今年は特に遭遇なし残念







    トロロッソのテント内にも入らせて貰って休憩。



    去年と同様クリスが案内をしてくれました


    トロロッソチームの内部を見学して(ここは写真不可なので表からのみの写真なんだけど)





    レッドブルってほんと今勢いがあるよなー。昔は弱小チームってイメージだったけど




    ラウンジに戻ったらカレラカップが始まってました


    ご飯も食べなきゃー忙しいぞ〜〜


    F1と一緒に各国を回っている一流シェフがケータリングサービスをしてくれるんです
    ここは日本かと思わずにはいられない瞬間です


    美味しそうなメインディッシュも。。。

    さぁご飯食べようかと思っていたらメルセデスのニコ・ロズベルグが部屋にやってきてトークショーが始まった

    一気に人だかりが


    F1界のディカブリオと呼ばれるニコ様はカメラ目線してくれた


    ほぉ〜、確かにカッコ良いですねぇ


    さ、ランチを頂きましょう。今回は何だか忙しい気がする・・・。
    メニューはこちら




    まずは前菜がサーブされます。


    マグロのサラダ仕立てって感じで繊細な味です〜

    と、ゆっくり前菜を食べている時間もなく、ここでまたまた来期レッドブルに乗るトロロッソのダニエルリカルドのトークショーがあるって言うのでレッドブルのラウンジに移動

    ほんと忙しいのよ


    このラウンジはグローバルラウンジの3/1位の狭いラウンジでした


    トークの為にこういうコーナーが用意されてましたが


    リカルド登場


    そりゃ嬉しいわなぁ〜、来季はレッドブルのドライバーだもんな




    鈴鹿コースのトップギア速度など説明をしてくれた




    後はサイン会。来季頑張れ〜〜。ベッテルみたいになったら気軽にサインも貰えない


    2度目のビットウォークに出かけます


    マッサのマシン


    ピットウォールと言われるサインボードを掲示したりする場所にも入らせて貰った


    えへへ←ミーハー喜ぶ


    カッコ良いなー




    他のドライバーに果敢に挑んで時に「きちがい」って言われてるグロージャン。今回はどうかなー


    ニコのマシン










    各国のテレビクルーも取材中です


    きっとその世界では有名なインタビュアーなんだろうな


    予選でリアブレーキから発火してしまったベルニュのマシンも元通り




    私達の案内をしてくれるリンダと一緒に記念写真


    リカルドのマシンが車検に向かいます。マシンの底にコロ付きの台に乗っていてみんなでよいしょっと押すと動くようになってました


    こういうのを間近で見られるのがリアルで面白〜い




    一番後ろの方マルシャチームの上に表彰台があります。去年はここの下から小林可夢偉が3位に入賞したシーンを見上げてたなぁ〜〜〜もうそれはそれは最高の瞬間だった


    今年は誰が優勝するんだろう


    まもなくマーシャルカーも出番です


    テレビクルーも準備万端


    キミライコネンのマシン9番グリットからスタート


    ロメイン・グロージャンが4番グリットからスタート


    あ、可夢偉発見
    今年はF1に乗れなくて本当に残念だったなー
    今はどれだけスポンサーをひき連れて来れるかって事が求められるこの世界。
    経済影響がF1にも影を落としてる


    何が始まんのー


    これはタイヤ交換の練習でした


    レッドブルは何度も何度もこの練習をしてました。めちゃくちゃ早い






    貰った資料にレッドブルのピット内の配置図がありました。中は撮影禁止なのでこれでちょっと状況がわかる



    前菜を食べ始めたのは12時半。途中であちこち行ってて戻ったら14時半。きゃーーー。ランチをいただかないと時間がありません

    適当に(ほんとに時間がないのぉ)貰ってきたランチもめちゃ楽しみなんだけど今回はなぜか時間に押されておりました


    メインは鯛のソテーと牛肉と思って貰ったらラムだった
    しくしく日本人が牛肉フィレばっかり所望したので今日はなくなったんて先に急いで食べれば良かった


    残念がっていたら牛のフィレご用意出来ましたってわざわざ持ってきてくれた余程欲しそうに見えたんだわやっぱ牛が美味しいです。
    時間がないと言いつつ、白ワイン、赤ワインしっかり飲んだけど


    ランチもそこそこに、間もなくレースが始まるぞぉ


    胸の鼓動が早まります


    ドキドキ


    今年はカメラ2台で来たのだ!去年カメラ越しに見たらなんか損した気分になったので1台は定点カメラにした


    スタート前の緊張する瞬間です


    ああー、胸の高まりが収まりませんよぉーーー


    ラウンジにいた人はみんなテラスに出てきて観戦してます


    マシンが一斉にフォーメーションラップにスタート。クルーも急いでピットに戻ります


    轟音とともに2013年F1世界選手権第15戦日本GP決勝がスタート心拍数が上がる〜〜





    ルイスハミルトンが直ぐにピットに入ります









    ひとまずラウンジに入ります。モニターで観戦する人たち


    私はデザート頂きました


    時間がないといいつつ、こういうのもちゃっかりと頂いた。マンゴーチョコのムースドリンクだって美味しそうだったんだもん


    レースの写真は一気におしまい。
    何故かというとデザートを食べた所でまたまた写真不可のピットへ入れて貰ってクルーの様子を見てたから。
    マシンがピットに戻るたびにクルーたちは駆け足で準備して作業。作業終了したら椅子に整列してモニターを見るの繰り返し。
    緊迫する、そして貴重な見学をさせて貰ったけど、写真は撮れないんだよねー、それに良く考えたら私はテラスから観戦したのはスタートと数周だけじゃんーー
    レースの時間が短すぎる

    レース終了後、そのままレーンに出て優勝者を間近で見られることに。
    こ、今年もぉぉ、、、嬉しい


    レッドブル1、2フィニッシュでクルーが待ってます


    メディア関係の人も待ってます


    そこに滑り込むようにベッテルが戻ってきた。堂々の1位の場所


    ウェバーが2位の位置に停車


    ベッテルが飛び上がるようにマシンから降りてきたこんな瞬間が見られるなんて本当に幸せ


    喜びを爆発させてます


    ああー、私ってなんでこんな所で見させて貰ってるんだろう。こんな幸運があっていいのぉ神様ありがとう、ありがとう〜


    まだ3位のグロージャンが戻ってませんがベッテルとウェーバーがお立ち台に向かいます




    表彰台をみんなが見つめてます。殆どクルーとメディア関係者なのでしょうか日本人はほとんどいない


    小さな女の子が肩車してもらって見てます

    そこにレッドブルの関係者がだれか僕にレッドブルのシャツをくれって叫んだらこのおじさんが自分のシャツを脱いで提供




    この様子もテレビクルーはしっかり押さえてます


    グロージャン登場


    ベッテルはもうすっかり王者の風格


    1,2フィニッシュでレッドブルは大盛り上がりです





    右端は大田国土交通大臣ではありませんか。




    去年、こんな瞬間に立ち会えるなんてもう盆と正月が一緒に来たって思ってましたが、まさか今年にもこんな幸運が与えられるなんて本当に幸せです




    シャンパンファイト


    ウェーバーは静かに喜びを表現






    これからはグロージャンの時代かもしれませんね


    少々足癖がお悪いようですが




    ベッテルおめでとう。アロンソが9位以上の4位だったのでドライバーチャンピョンは決まらなかったけど本当に強いです





    またまたあっという間にレースが終わってしまった。今年は去年よりも時間が短く感じたよぉ。あああ、今日の朝に戻らんかな←多分また来年までの1年間同じ事を思って過ごすでしょう


    今日貰ったグッズたち。サインはリカルドに貰った


    耳栓もおしゃれである


    今回はまたスペシャルなお土産貰いました


    SENNHEISERゼンハウザーのヘッドフォンです。3万位するみたい。二人とも貰ったので2個も。豪勢だなぁー



    夢のような1日が終わりました。
    この日をどんなに待ち望んでいた事か。ありがとうありがとう、ご招待下さったスポンサー様、ありがとう

    来年、この幸運が再び訪れますように・・・・。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM