小虎6歳の誕生日

0
    早いもんで小虎ももう6歳のお兄ちゃんになちました

    昨日キトを見送った悲しみのドン底で悩んだけ、こっちはこっちでおめでたい訳で、、。
    ケーキも頼んであるし本人も楽しみにしてたからお祝いしようって

    僕が指す!ってロウソク立てますが、うんーー?ちょっとおかしくないかい?

    無事、火を付けました


    昨日私がキトの亡骸に取りすがって大泣きし、家族も涙する中、小虎が私の側に来てチョンチョンと肩を叩いて発した言葉。
    「ねぇねぇ、明日は何の日だか知ってる?」 でした。
    そこにいた家族全員ずっこけ
    すかさずママが諭していたが、彼的には取り乱して泣いている私に何か慰めの言葉をかけたかったけれど、言葉のボキャブラリーが少ない小虎には思いつく言葉が無かったんじゃないかって思った。
    数日後その話は本人ともして、言葉なんか要らないんだよそういう時はそっと背中を撫でるだけでってね

    小虎は家族の中でもキトの世話はちゃんと任せられ遊んでくれる頼もしい存在だった。
    キトの事忘れないでいてね

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM